細谷圭(千葉ロッテ)レギュラー奪取までもう少し!!長打を捨ててコンパクトなスイング!!応援歌!?

細谷圭選手のプロ入り前は長打が売りでしたが、プロに入っても2軍では長打を期待されても成績が上がりませんでした。打率が低打率だった為、スイングをコンパクトにしてアベレージヒッターに転じました。それが功を奏した形で、大きなのを捨てて挑んだ、2016年(昨季)は規定打席に40打席足りませんでした。それでも打率275・3本・40打点と内野手としていぶし銀の活躍をしました。

大きなのを狙うと、こういった成績は残せないです。しっかりとコンパクトなスイングに徹した事によって、1軍のレギュラー奪取まであともう一息の所までいきました。今季(2017年)は飛躍が期待されましたが、故障の影響もあり思った様なバッティングが出来ていません。また出場試合数も大幅に減っています。これからの巻き返しに大いに注目が集まります。

細谷圭(千葉ロッテ) プロフィール

生年月日1988年1月17日
群馬県出身
太田市立商業高等学校卒
甲子園出場歴なし
2005年高校生ドラフト4巡目
年俸3000万円
千葉ロッテマリーンズ所属

レギュラー奪取までもう少し!!

細谷選手は昨年レギュラー奪取まで本当にもう少しだったので勿体なかったですね。殆どレギュラーを掴んだと言っても良かったです。非常に今季(2017年)の飛躍が期待されましたが、故障などの影響もあり昨年よりも出場試合数も激減しています。また期待された成績も低下してしまいました。それでも千葉ロッテマリーンズ首脳陣をはじめ、ファンも細谷選手の活躍に期待しています。非常にファンが多い選手の1人です。首脳陣も期待を毎年している選手です。昨季(2016年)は遂に扉が開いたといった感じでした。

飛躍を期待

しかしながら、更なる飛躍を期待された今季(2017年)思った様な活躍が出来ませんでした。まだシーズン途中ですが、昨季(2016年)に残した打率275を上回るのは絶望的です。出場試合数も少ないですからね。今年は少し精彩を欠いてしまっています。昨季の活躍で年俸は一気に、3000万円まで跳ね上がりましたが、今季の成績だと20%ダウンの2400万円辺りが濃厚ですね。プロの世界は、成績が良ければ年俸は上がり、成績が悪ければ年俸が下がります。非常に分かりやすい世界です。年俸が下がったならまだまともな方です。

来季(2018年)勝負

プロ野球の世界には戦力外と言うものがあります。流石に細谷選手のキャリアで戦力外になる事はありませんが、プロ野球とは実に怖い世界です。いつ肩たたきが来るか分かりません。今はまだ問題ありませんが、今季のような成績が3年も続いたら、いつ戦力外になってもおかしくありません。細谷選手も当然意地を見せて活躍してくれると思います。プロの世界はレギュラーを掴んでも故障したらアウトですからね。その間に他の選手が活躍してしまえばその座は取られてしまいますからね。細谷選手は来季(2018年)勝負です。

長打を捨ててコンパクトなスイング!!

プロ入り前は長打力がクローズアップされていた為、千葉ロッテマリーンズも、当然長距離砲として期待していましたが、鳴かず飛ばずでした。ここが非常にもどかしい所でした。その為大振りをせずにコンパクトなスイングをした所しっかりと期待に応え始めました。まだまだ、このレベルでは細谷選手に持っている潜在能力からするとまずまずですが、完全覚醒には至っていません。しかし、昨季の活躍は目を見張るものがありました。コンパクトなスイングが合っていますね。完全に昨季は長打を捨てたミート中心の打撃でした。

高いハードルを!

このバッティングを今季も継続すればよかったのですが、故障の影響もあり、なかなか上手く行きません。これがプロ野球の世界の厳しい部分です。相手も研究してきますからね。プロの世界はそんなに甘くはありません。この研究された球をしっかり弾き返す事が出来ないといけません。これがプロの力と力の真剣勝負です。この勝負に打ち勝たないといけません。研究された後に如何に打ち返す事が出来るか?これがプロ野球の世界で生き残る道です。細谷選手は、これから飛躍を遂げる為に高いハードルを飛び越えます。

BOØWYの応援歌!?

細谷選手は群馬県出身の選手です。細谷選手が生まれた1988年に解散した伝説のロックバンドBOØWYの大ファンで、昨季(2016年)からは、BOØWYの大ヒット曲、Dreamin’が使われています。本人も気分よく打席にいられるのか応援歌が、Dreamin’に変わった昨季はキャリアハイの成績を残しました。細谷選手本人は、登録名をBOØWYにちなんで、HOSØYAにしたいと思っています。この辺りは成績が上がってからの話でしょうね。HOSØYAはかなりインパクトがありますね。良いアイデアであると思います。

後は球団がどう判断するかですね。HOSØYAに登録名が変わればかなり、本人のモチベーションも上がると思います。なかなか、登録名は簡単そうで難しい問題です。ここが結構選手に取ってはファンに名前を憶えてもらえる機会なので、細谷選手の悲願が叶うと良いですね。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA