薮田和樹(広島東洋カープ)能力覚醒!!エピソード!!

薮田和樹応手は、今季(2017年)前半戦の途中から中継ぎから先発に回り、素晴らしい活躍をしています。8月10日現在10勝2敗3ホールド・防御率2.88と抜群の成績を残しています。自身初2桁勝利をマークしました。もともとロングリリーフは得意としており、先発転向も特に障害になるような事は、なく高い先発適正を示した。防御率も2点台。既に2桁勝利を達成している。最初は中継ぎでスタートした今季(2017年)。中継ぎから先発に転向して大活躍している能力覚醒した。もともと先発適正は高かった。そしてついに能力覚醒した。故障者が先発陣に出て回って来たチャンスを1回でものにした。

出典:naver.jp (2149376993614008801_1)

薮田和樹(広島東洋カープ) プロフィール

生年月日1992年8月7日
広島県出身
岡山理科大学附属高等学校→亜細亜大学卒
甲子園出場歴なし
2014年ドラフト2位
年俸1400万円
広島東洋カープ所属

能力覚醒!!

ドラフト2位で指名されているように、首脳陣の期待も高く即戦力ルーキーとして期待されていた。1年目は全て先発6試合に登板1勝2敗と成績は奮わなかった。昨季(2016年)は先発をした試合もあったがリリーフ登板の方が多かった。今季(2017年)は、交流戦前から、先発投手として起用され勝ち星を一気に量産しています。今季(2017年)だけで既に10勝。この勝ち星がどこまで伸びるかが非常に注目されます。15勝前後の期待がかかります。期待するなと言うのが無理な話ですよね?

先発に再転向し覚醒

プロ野球選手はチョットしたきっかけで大きく選手は変わる。薮田投手は先発に再転向して大きく変わった薮田投手。能力が完全に覚醒したと言って良いだろう。来季年俸は大幅アップは間違いない。プロ野球選手は成績が良ければ、年俸は大きく上がる。この為にプロ野球選手は練習を欠かさない自分が練習で手を抜いたらどういう事になるかが良く分かっている。しっかとと、練習をして結果が残せないのであれば諦めがつく。

中継ぎスタート

薮田選手も、今季は中継ぎでスタートし、先発を伝えられた時はこれは千載一遇のチャンスと思ったはずです。それを1回でものにする事ができました。こういったチャンスはなかなかないですから1顔で、ものにできると首脳陣の評価も当然高くなります。評価が高ければ当然、次の登板機会を与えられます。本当の試金石はここなんですね。ここで結果を残せれば、ローテーションに加えようとなります。薮田投手はそういった意味では課題をクリアしています。

開き直ったピッチング

中々、1回でチャンスをものにする事はプロ野球の選手でも大変な事です。しっかりと対応出来ればいいのですか、自分の能力を発揮できないケースもあります。やはり試されていると感じてしまうのでプレッシャーが大きいです。大観衆の、前で投球をしなければいけませんから、もうこうなったらまな板の鯉です。打てるもんなら打ってみろ、くらいの開き直ったピッチングをした方が良いですね。

薮田のエピソード!!

薮田投手の親が一時期タクシーの運転手をしており、乗車したのが広島東洋カープのオーナーの松田元だった。偶然にも広島東洋カープのオーナーを乗客として乗せ、社内で目的地につくまで雑談をしていったところ、薮田投手が大学で野球をやっていると聞いた松田オーナーは直ぐに薮田投手をスカウトにマークするように指示。担当スカウトの松本氏は大学3年生の時に薮田投手の投球をみて凄い投手が出てきたと感じたという。大学4年の時に肩を故障した事もあり、指名を迷っていたが、肩は完治しており問題ないという情報を入手したため、指名に踏み切った。

大きなアドバンテージに

松田オーナーを偶然にもタクシーに乗せた縁から、薮田投手のカープ入りはこの時点で赤い糸で結ばれていたのかも知れない。偶然にしては少し出来すぎた話ではあるが全て事実。運命とはこんなものだ。非常に運が良い事が重なる事がある。薮田投手の例も良い例。勿論、スカウトの目からみてプロでやっていける能力がなければ、どうにもならないが薮田投手は大学野球で能力が抜けていた。大きなアドバンテージになっています。

将来性十分!!

まだ25歳ですからこれから更に良くなっていく事が予想されます。現在は最速155キロのストレートに、カットボールとフォークボールで勝負している。緩いカーブ系の球があれば更に投球に幅が出て来る。ここを今後の課題点とし、なるべく早くカーブ系の緩いボールを投げる事が出来れば、バッターはかなり苦戦するだろう。薮田投手は素晴らしい投球センスを持っており、投げる球も非常にレベルが高い。球種は少ないがコンビネーションが冴えわたる。

将来のカープを背負っていく存在の投手。次期エース候補の一人、カープは若手の良い投手が揃っている。その為、次期エース候補は薮田投手以外にもいる。具体名を挙げるなら、岡田投手。岡田投手も潜在能力は相当高い。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA